コンタクトレンズの個人輸入(海外発送)

個人輸入について

個人輸入とは「外国製品を個人で使用することを目的とし、自ら商品を海外から送ってもらったり、もしくは旅行の帰りなどに持ち帰る事」を個人輸入と言います。ですから、個人で海外でお土産を買って帰るのも厳密に言えば個人輸入にあたります。
コンタクトにかぎらずいろいろなものが個人輸入されています。
ただ、個人輸入といってもなんでも輸入出来るわけではありません。個人輸入も輸入のひとつの形態であるので輸入が禁止されているものや、輸入時に規制がかかるものもあるので注意が必要です。
基本的に輸入されるのも、それを使用されるのもご本人です。輸入についても眼の健康についてもしっかりと自己責任の意識を持ってご利用しましょう。

消費税と関税について

個人輸入商品は消費税がかかりません。
コンタクトの個人輸入については関税は無税です。
しかし、注文量やその他の事情により、通関検査をうけ、まれに消費税(5%)を課税される場合があります。
その場合は個人輸入される方の負担となりますので 認識しておきましょう。

商品について

コンタクトは外国での商品名と日本国内での商品名が違うものがあります。いくつかの商品で日本独自の名称や外箱の仕様になっています。現在日本で発売されている使い捨てコンタクトはほとんどが海外で製造されて輸入されたもでを日本国内で日本名をつけられて販売されているわけです。ですからハードコンタクトを除くとほとんどが外国製なのです。

納期ついて

海外発送の商品で在庫のある商品は7日〜10日くらいで届いているようです。稀に通関のチェックにあった場合などは2週間ほどかかる場合もあるようです。通関のテエックというのは無作為に行われますので、引っかかると2週間くらいかかることもあるようです。 また、週末(土日・祝日)やクリスマスや年末年始などは通関する荷物が増えたり税関がお休みだったりと到着が遅くなりますので、その分も考えて注文を入れられるといいかと思います。
コンタクトの種類(乱視用・カラー)などは、発送元の現地に在庫がない商品もありこれは現地でさらに生産元に商品を注文してからの発送になりますので3週間〜4週間くらいかかることもあると思います。日本国内と違いすぐに在庫を確認したり メーカーを急がしたりということはしてくれませんので、認識しておきましょう。

個人輸入で注文できる数量

1回のご注文で個人輸入できる数量は、使い捨てコンタクトですと2カ月分です。
医薬品などと同じ考えで2か月分以内とされています。
箱に入っているコンタクトの数量やレンズの種類にもよりますが箱数でいうと4箱くらいです。
これを超えての個人輸入はできません。
また、個人使用の範囲内での個人輸入にかぎり、輸入が認められていますので、第3者への譲渡、販売等は禁じられています。

携帯コンタクト通販HOME